リフォームを行なうメリットや工事までの流れを把握しておこう

水回りのリフォームが便利

バスタブ

痛んだ水回りはリフォームしよう

長年使用しているとどうしても傷づいてしまうバスルームやキッチン、トイレなどの水回りですよね。「何度工事を行なっても結局トラブルが発生してしまう」「壊れてしまった」などの場合はリフォームを行なってみましょう。リフォームをすることで今後は快適に利用することが出来て、お掃除やメンテナンスを楽することが出来ます。

介護保険・助成金を利用する

水回りのリフォームでは、実は介護保険や助成金を利用することが出来ます。ただし、要介護レベルや改修認定など色々な条件をクリアしないと利用することが出来ないので、注意が必要です。また、エコポイントの制度も使える場合もあります。事前にこういう制度の利用できるかなどを把握しておくと、よりお得にリフォームが出来るでしょう。

ご相談からリフォームまでの流れを公開!

電話をする女性

1相談を行なう

「リフォームしたいな」と思ったら、まずはお電話・FAX・メールなどで相談を行ないましょう。この相談は無料になるので、気軽に行なえますよ。、また、相談の際に間取りや図面などを用意していると、具体的なアドバイスをもらえやすいです。ここで、リフォームに関する気になることを確認するのがベストです。

書類を書く作業員

2現地調査を行なう

正確な見積りやリフォームプランを提案するために、現地調査を行ないます。専門のスタッフが現在の状況を確認し、必要な箇所の寸法などを測っていきます。この際に大まかな雰囲気や具体的な要望などを伝えていきましょう。そうすることで、業者は理想に近いリフォームプランを提供することが出来ます。

男性作業員

3お見積りなどを提案&打ち合わせ

現地調査の情報をもとにお見積りとリフォームプランを提供します。不明点があればしっかりと説明してくれるので、とことん確認するのが良いでしょう。打ち合わせの際は実際に取り付ける商品や使用する内装材、カタログ、サンプルを見ながら選んでいきます。最終プランとお見積もりを出していきましょう。

2人の作業員と2人の女性

4ご契約&リフォーム開始

最終プランとお見積りに問題がなければ、無事に契約を結ぶことが出来ます。契約の段階で今までの打ち合わせ通りになっているかなどを入念に確認することが大切ですよ。契約が終了したら、工事の始まりです。打ち合わせの通りに工事を進めていきます。あとはリフォームの完成を待つだけです。

格安に費用を抑えるポイント

水回りへのリフォームはどうしても費用が高くなりがちなので「見積もりから追加費用がない」「施工割引がある」「自社施工をしている」との3つのポイントを最初からチェックすると良いでしょう。この3つをあらかじめ確認しておくと、無駄な出費や費用を抑えることが出来ます。

広告募集中